診療報酬ファクタリングの手数料は安い!

 

診療報酬ファクタリングの手数料は、先にご説明した一般的なファクタリングと比較してとても低く設定されています。
それは一体どうしてなのでしょうか?
繰り返しの説明になりますが、診療報酬という債権の売掛先は、国保連合会と呼ばれる公的な機関になります。

ファクタリング会社が回収を行う会社とは、国保連合会 = 日本 の様なイメージです。
約2ヵ月の後には、確実に回収できることが約束されているのです。

先にお伝えした、一般的なファクタリングの場合は、売掛先の会社が倒産してしまうといったリスクが伴うため、ファクタリング会社も手数料を高めに設定しています。
しかし診療報酬の場合は、売掛先の国保連合会(国)が倒産することは考えられません、ファクタリング会社からすれば、倒産や不良債権といわれるリスクの無い売掛先と言えるのです。

ですから診療報酬ファクタリングに限って言えば、他のファクタリング案件と比較して、圧倒的に手数料を低く設定されているのです。
ファクタリング会社の多くは、診療報酬ファクタリングに限り1.5%~5%程度の手数料が相場になります。
定期的な利用や、繰り返しサービスを利用することで、ファクタリング会社との間に実績(信頼性)がついてくれば、若干ですが手数料が安くなっていく場合もある様です。
ファクタリングの利用は、銀行の借入金利よりも安い手数料で賢く資金調達をして、あなたの経営する病院や診療所・クリニックを安定した経営状態へ転換していくことが可能になるのです。

売掛先は国。診療報酬債権の信用度は100%です!!
回収出来ない?そんな心配が無いから手数料設定も低くすることが可能!?

通常のファクタリングは手数料の高さが利用するにあたり、障害になる心配もありますが、診療報酬ファクタリングに限って言えば手数料が障害となる心配はありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です