診療報酬の強み

病院や診療所・クリニックを経営しているあなたは、非常に大きな強みを持っていることを知っていますか?
それは、診療報酬をレセプト請求することで(ミスや返戻を除く)確実に報酬として支払いが約束されていると言うことです。?
普通に商品やサービスの提供を行う会社や企業の場合ですと、取引先に請求書を発行しても、その代金を期日までに支払ってもらえない場合も考えられます。また、支払いを遅らせて欲しいと相談される場合もあります。最悪の場合、取引先が支払いを完了するまでに倒産してしまい、不良債権となってしまうというというケースも考えられます。最悪、回収不能になることで連鎖倒産となってしまうリスクも含んでいます。

しかし診療報酬の場合は、国保連という公的な機関相手にレセプト請求を行うため、あなたが不正を働かない限り、確実に報酬を受け取ることが約束されているのです。

売掛先が公的な機関のため、確実に報酬が支払われることが約束されている。

この仕組みを最大限に活かしたのが診療報酬ファクタリングなのです。
病院側からすれば、国保連から確実に回収できる診療報酬債権を譲渡することで、2か月後の支払いを早めることが可能になります。
ファクタリング会社からしても、同様に2か月後には回収が約束されたお金を前払いするだけで、手数料分の収入が得られるというわけです。
これもすべては、国保連合会といった公的な機関を売掛先としているからです。レセプト請求による診療報酬は非常に信用性の高い債権ということになるのです。
この診療報酬にしかない強固な強みを活かすことで、資金繰りが厳しい場合や、支払いが多い月・急にまとまった現金が必要になった時などに、診療報酬ファクタリングの活用をおすすめしているのです。

診療報酬の規定改訂等の影響もあり、病院の経営が安定しない…

ちかくに新しくできた医院の影響で、最近患者さんが減少傾向に…

新しい設備を導入したいけれど、新たな融資は期待できそうにない…

資金繰りが厳しい、どうにかならないだろうか…

この様な資金繰りにまつわるの悩みを解決してくれる
診療報酬ファクタリングの活用
を前向きにご検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です