診療報酬ファクタリングの3つの特徴

診療報酬ファクタリングには、銀行やその他金融機関の融資や借入とは大きく異なる、とてもお得な特徴が3つあります。
通常銀行などの融資の場合は審査が非常に厳しく、審査を受ける為に手間や時間がかかることが多くあります。
診療報酬ファクタリングの場合は、このような時間や手間がかかることも無く、スムーズに契約することが可能です。

面談が不要
銀行や金融機関に融資などを依頼する際には、何度も足を運ぶことで面談を繰り返し、多くの書類等の資料作成が必要になります。通常の医療業務の中での作業です、資料を作成する事も、何度も面談に出向くことも大きな負担になり、通常作業の妨げになる事も考えられます。

診療報酬ファクタリングの詳細は下記サイトをどうぞ!

診療報酬ファクタリング-医療機関専門の資金調達の方法についてご紹介しています

しかし診療報酬ファクタリングの場合は、インターネット経由や電話での申し込みが行えるため、面談に出向く必要もありません。審査の基準自体も大きく異なるため、多大な資料作成の必要もありません。

手軽に相談・契約する事も可能ですので、自分に一番向いているファクタリング会社と契約できるというメリットもあります。

審査がカンタン
銀行や金融機関に融資などは相談を行う際は、事業計画書・決算書など多くの資料の提出を求められます。
また審査項目も多いため、資料の作成もとても大変な作業になります。
銀行からの借り入れは長期間の返済が大前提の為、長期に渡ってきちんと返済してくれるかどうかを確認しなければいけませんので、銀行の審査にも時間がかかってしまいます。
一方で診療報酬ファクタリングの場合はどうでしょうか?
単一の診療報酬に対する契約の為、極短期間の単位での取引です。
ファクタリング会社としても、数か月後には国保連から確実に診療報酬の回収が約束されていますので、あなたの医院や診療所・クリニック宛に前払いするイメージですので、回収に伴うリスクも低いため、払い出しに対する審査も非常にカンタンに行われる訳です。

手数料が安い
診療報酬ファクタリングは、その手数料の安さも大きな魅力です。
一般の会社や企業のファクタリングの場合ですと、買い取った売掛債権の取引先が回収するまでに倒産してしまうといったリスクを伴います。回収不能な不良債権になってしまうとファクタリング会社も困ってしまう為、この危険性を予め考慮して手数料設定を行うため、手数料が少し高めに設定されることになります。

しかし診療報酬ファクタリングの場合、売掛先が国保連と言われる公的機関になります。回収に伴うリスクが非常に少ないため、手数料も安く(約1.5%~)に設定されることが可能になります。

診療報酬ファクタリングの場合は、以上のような大きな特徴があります。
銀行などの金融機関からの融資や借入とは大きく異なり、とても効果的なサービスであると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です