診療報酬ファクタリング:手数料の相場はどうなってる?

 

ファクタリングとは、売掛債権をもとにした、お金の前借りの様な仕組みです。またその仕組みを利用するにあたり、一定の手数料を支払う必要があります。
診療報酬ファクタリングに於いても同様に手数料の支払いが必要になります。銀行や金融機関からの融資や借入の際は、長期的に返済すると共に金利を支払い続ける事になりますが、ファクタリングの場合は長期ではなく、ひとつの債権に対して都度、手数料を支払うことになります。

ファクタリングの手数料は高い!?
一般的なファクタリング(商品の売買による売掛債権)の場合は、手数料が少し高いという傾向があります。
ファクタリングとは、融資や借入ではないため、金利とは言わず手数料という表現をします。あなたの会社や事業所が所有する売掛債権として買い取ってもらうことで、ファクタリング会社が定める手数料を差し引いた額面がファクタリング会社からあなたの会社に払い出されることになります。
通常のファクタリングの場合は、手数料が少し高めであり、中には約20%の手数料を必要とする場合もあります。
ファクタリング利用にあたって最も大きな課題といえるでしょうね。
では、なぜそこまでの手数料がかかるのでしょうか?
それはファクタリング会社が売掛債権を買い取る際に、回収リスクの高い債権が存在するからです。

たとえば製造業や小売業などをしている一般の会社を例にご説明いたします。
あなたの会社を仮にA社とします、A社は取引先のB社に商品を納品することで売掛金が発生しました。

このB社の売掛債権でファクタリングを実行し、早期の現金化が完了しました。
しかし、その後B社は倒産してしまいます。ファクタリング会社はB社の債権を買い取りあなたに支払いを完了しましたが、B社が倒産してしまうと、回収することが出来なくなってしまいました・・・。

ファクタリング会社は回収をすることができない不良債権を有する事になってしまうのです。

この様にファクタリング会社は常に回収の問題というリスクを抱えているのです、その為サービスの提供に対してそれ相応の手数料を設定するため、どうしても高い金額となってしまうのです。

一般のファクタリングは、売掛先の倒産や回収に対するリスクがあるため、手数料が高くなる。
しかし診療報酬ファクタリングの場合の手数料は全く異なってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です